« 沖縄前最後の追い込みは鴨川にて、、、 | トップページ | 沖縄前の練習はすべて終了 »

2016年11月 6日 (日)

本番装備品の最終実走チェック

いよいよ来週末は今年の大一番、ツール・ド・おきなわ本番を迎える。

もうジタバタしてもFTPも上がらない。
覚悟を決めるのみ、、

ただやっぱり未知のコースを盲目的に走るのは抵抗があるので文明の利器に頼ってみる。

Img_5291

もう既に旧モデルとなるGarmin510

今まで使っていなかった機能としてコーストレースが可能。
予め高低差を含む地図データをインポートしてGPSでマッチングさせる。
そうするとこれから先のコースや高低差が分かる。

特に登りでこの先どの程度勾配が続くのか把握するのは非常に重要。
この使い方を頭に叩き込む為に近所のコースを入力してシミュレーション。
結果、非常に有効であることを確認できた。

早速ツール・ド・おきなわ100Kmのコースプロファイルをインストール。
ただ、「知らぬが仏」か「敵を知り己を知れば100戦危うからず」のどちらに転ぶかは不明w

あとはアクションカムの調整。
鴨川練では勾配のきつい局面でダンシングすると膝に接触して支障があった。
その為、ホルダーを前後逆に搭載。しかしそうするとUSB端子がネジに接触・・・orz

Img_5287

この為、家電屋さんでL字型の変則端子を探して調達。

Img_5293


これでバッチリ。
スタートからゴールまでノンストップ5時間は録画できる筈(笑)


今日はこの後さらに息子を拉致してポタリングに繰り出した。
ポタリングは24キロ、息子にはいい運動になったらしい(笑)

« 沖縄前最後の追い込みは鴨川にて、、、 | トップページ | 沖縄前の練習はすべて終了 »

メンテナンス・チューニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396393/68285014

この記事へのトラックバック一覧です: 本番装備品の最終実走チェック:

« 沖縄前最後の追い込みは鴨川にて、、、 | トップページ | 沖縄前の練習はすべて終了 »