« 沖縄前の練習はすべて終了 | トップページ

2016年11月13日 (日)

ツール・ド・おきなわ2016 100Km Over40 初参戦!

朝は4時15分起床。

朝食は5:00からホテルのビュッフェ。

それまでは補給食の準備、軽量化、着替えを済ませておく。

そのまま出れる形にして朝食、5時30分にH田先生一行の迎えのタクシーがホテルへ。

ここからオクマリゾートまで自力移動。

オクマリゾートからスタート地点の国頭村まで大会手配の大型バスで移動。

バスには「選手収容者」との表示、いや、まだ収容されてないから、、、

まるで傭兵の輸送車。

Img_5383


小一時間揺られて国頭村のスタート地点へ。

この頃になるとようやく朝日が顔を出してくる。

流石に沖縄、朝でも日向は暑い。

Img_5390

前日に預けた自転車を探す。

これがなかなか見つからなくて焦る。

昨日、最終便に預けた報いか、、と思ったら見つかった。

ここからスタートまでまだ3時間近くある。

100キロはスタートして直ぐに登坂になるのでアップはしておきたい。

Sば先生に空気入れを借りてBば先生と登坂アップに出かける。

Garminに入れたコースプロフィールのテストを兼ねて奥のピークまで軽く登る。

勾配が非常に忠実に再現されて実戦に耐え得る事を確認。

脚も非常に軽い、やはりTSB+10に合わせた成果が出ていると手応えあり。

ここからスタート地点に戻ってまったりタイム。

途中、チェリージャパンの米田選手ともご挨拶。

記念写真も撮らせてもらいました。

Img_5413

時間があると地味に緊張タイムも長くなり二度目の軽量化(笑)

戻ると自転車が無いッ!

実は既にスタートの位置取りが始まっていてH田先生が気を使って好位置を確保済み

これ、大変助かりました!

Img_5401

スタートまでの時間の使い方もレースを左右する要素の一つ。

自分はゼリーでエネルギー充填と自販機でスポドリを購入して水分補給。

男子チャンピオンカテゴリーが通過した後、米田選手出場の女子国際がスタート。

その後、いよいよ我々の100キロOver40のスタート。

ホビーレースの最高峰、ツール・ド・おきなわのスタート地点に立てている事に感謝!

Img_5414

今年は関門時間が昨年より20分遅く、スタートは30分早い為昨年比で50分足切りタイムが伸びているとの事で完走率は高いだろうとの予想。

計算では平均時速25キロあれば完走できる筈でサイコンはどの画面にも平均速度を表示させてある。

いよいよ号砲とともにスタート。

Img_5416

<奥の登り 4K 11:37  261w 177bpm>

経験者から奥の登りだけはその後の平地を楽するために頑張った方がいいとのことで体重比4倍を目安に無酸素借金で潰れない程度に頑張る。

登坂を始めて程なくチェーン切れで落ちていった選手も居たな。

周りはご苦労さん!とか言ってたけどチョッと可哀想だった。

パレードスタートとか聞いていたけどどこからリアルスタートになったのか分からないくらい速い展開。

早くも先頭集団は見送らざるをえない感じ。

第二か第三集団で奥の坂を超えた。

ここからは苦労して獲得した位置エネルギーを効率よく速度に変換するフェーズ。

何と言っても公道封鎖のレースなので二車線使える。

気持ちよくダウンヒルを楽しみつつ前を詰める。

下りの最高速76.3Kmはここで記録した。

辺戸岬から余那の登りまでのフラット区間で先行集団と合流し大集団となる。

おそらく100人は下らない。

途中、異常にスピードが落ちる区間もあった。

後で聞いた話では先頭集団後方で落車があって安全処置を審判車が取らせたらしい。

でも集団に居るおかげでとっても楽チン。

途中のトンネルでは中間付近で照度が落ちてサングラス越しでは視界が悪い

周りも同様に感じた様子でどよめきが起きてそれが可笑しかった。

ここで動揺して斜行するライダーが居ないとも限らないので集中してラインキープ

この先に控える最大の難所、普久川ダムまでの登坂に向けてエネルギー充電。

準備していたアミノバイタルゼリーを補給。

ここまではシミュレーション通りの展開。

普久川ダムの登り 7.2Km 23:20  242w 171bpm>

ここで脚を使い切ると後半のアップダウン区間で取り返しが付かないとの事前情報もあったのでほぼFTP強度で登る。

時間的には20分そこそこで登れると思ったけど23分も掛かった。

筑波山のように登りっぱなしではなく下りや平坦もある複雑なレイアウト。

脚への負荷がコロコロ変わりペース配分が難しかった。

この辺でSば先生に先行され、視界から消えていった・・・

KOMを通過してまたダウンヒル。

ここでかなりの選手を抜き返す。

先行したSば先生も捕まえ前へ。

普久川ダムで最初の給水ポイント。

シナリオ通り、電解質系のボトルを完飲してスポドリをゲット。

ここまでボトル一本の消費。

始めてレース中にボトルを投げ捨てボトルを受け取った。

なんかプロみたいでテンション上がる~(笑)

ここで予定通りフラスコに詰めたマグオンをワンショット分補給、ドリンクもメイタン黒に赤を二袋希釈したものに切り替え、後半に備える。

少し登り返して再びダウンヒル。

レースの下りは初めてで不安もあったけど得意な部類と見ていい感じ。

登りで離されても下りで追いつく。

平坦では後ろから追い付いてくる元気な集団にへばり付く。

登りはマイペース、下りで詰める、、

これが今日の戦術だな、、

普久川ダムの下りを終えると直ぐに学校坂の登坂開始。

<学校坂 7.2km 21:35  213w 167bpm>

折角の集団もここで再びバラける展開。

登りでの無理は禁物なので作戦通り淡々と登る。

なるべくFTP程度の強度を目安に淡々と、、

すると下りで抜き去った筈のSば先生に抜き返される。

またこの辺から行徳の方とも気が付けばほぼ同じペースで進んでいて会話を交わすようになる。

かなりコースに詳しくベテランかと思ったら私と同じく初参戦との事。

このK泉さんとはゴール手前まで自然と協闘体制だった。

この辺から沖縄の太陽全開、登坂を終えてダウンヒルで再び全開!

すると眼下にコバルトブルーの海が広がる、、

もうテンションマックス、この辺が最高に楽しい時間帯だった。

学校坂も下り終えると暫くは細かいアップダウン。

目の前にガツンと登りがそびえてもGarminが「それは続く坂では無い」と教えてくれるので心が折れる事も無い。

後方から100キロのU39の先頭集団が通過する。

流石にこの集団への合流は無謀と思いパスする。

その後、100キロU39の追走集団と140キロの混走集団と合流。

適当な集団に乗り込み省エネ

苦手な平坦も今日は千切れる気がしない。

平均速度も50キロを過ぎて30km/hを超えてるから足切り関門も問題ない、これはイケる!

やや向かい風の海岸線を集団に紛れて40キロ巡航、いいペースで進む。

60キロの宮城関門通過、

沿道からの応援も力になる。

声援、鳴り物の応援がドップラー効果でツールの中継を思い出す。

この混走集団での走りと海岸線もツールっぽくてアドレナリンが出まくる。

ところがこの辺から異変が起こる。

最初は補給を取ろうとポケット弄る為にペダリングを止めた時に右のハムがピキピキ、、

攣る一歩手前となる。

この時は無難にやり過ごす。

ところが今度は左の大腿四頭筋もピクピク、

こんな事は初めて

今までペダリング中に攣った事など無かったのが自慢だったのに、、

慌てて残りのマグオンを全量投入、おさまることを祈る。

最悪のタイミングで慶佐次の登りに突入

慶佐次の登り  3.1Km  9:01 187w 165bpm>

エキサイティングだった混走集団とも別れの時、、

脚がこれ以上攣らないように騙し騙しのペダリング

でも登りで負荷と踏み方が変わるとアウト、

今度は右の親指が攣り出した。

ここで混走集団からちぎれ雲となる、、、

シューズの中で足の指が斜めになりながらのペダリング、、

なかなかにシンドイ

すると後方からまたSば先生が登場、、

あれ?いつの間に自分は先行してたの?

お互いに全く意識してないんだけど抜きつ抜かれつの繰り返し

Sば先生は登りで先行、僕は下りと平地で先行する、、まるでテルとユタ(笑)

脚の攣りはそろそろ本格的にヤバい状態でピクピクからピキピキへ、

そして恐れていたピッキーン!へステージアップ。

堪らずペダリングが止まる、、

普段釣り慣れていないので対応が分からない。

多分軽いケイデンスで回すのが正解だろうと痛みを堪えてクルクル回す。

筋肉を無理やりほぐして発作を抑えるの繰り返し

ここで最終給水ポイント、

スポーツと水を貰う。

水は全量を体の冷却に投入、

特に太腿と首筋を冷却、これで痙攣は一時的におさまった。

平地でも後方から来るそこそこの集団に着いてイケるまでに一旦は回復。

コバルトブルーの海岸線は景色とは裏腹に向かい風がやや強まる。

集団の力を借りての40キロ巡行、この集団は逃したくない。

有銘の登り 1.4km 7:08 203w 166bpm>

でもそうは甘くないのがツール・ド・おきなわ

波状的に現れる登坂で無賃乗車する地脚のない人間は振るい落とされる。

着いていこうとトルクを掛けると直ぐにピッキーン再発、

騙し騙し登坂をクリア

下りで脚を止めて回復に専念、

そして羽地までの平地でまた悶絶となる。

ハム、大腿四頭筋、脹脛、そして足指、全部攣る(笑)

余りの痛みにペダリングが止まる。

しかも両脚が攣るとクランクを水平に保つほかない。

こんな経験初めて。

これ、登りだったらマジで落車すると思う。

しかもサドル後方、お尻右側のコンタクトポイントも痛み出した。

この頃になると行徳の方と数名のパック。

行徳の方も結構脚に来てそうで申し訳ないので先頭交代。

かなりヤバい状態だけど気合いを入れ直して先頭を引く。

向かい風が恨めしい、、、

羽地ダムの登り 1.6km  8:40 185w 162bpm>

 そうこうしている内にラスボスの羽地の登りへ。

噂には聞いていたけど視覚的にもインパクトがある。

本当に直登状態で視界に飛び込んでくる。

(おいおい、こんな脚の状態であそこ越えるのかよ、、、)

こんな時はGerminの画面を見て冷静に分析。

モニター上には既にピークとその先の下りが表示されている。

大丈夫、そんなに長くはないと気を取り直す。

ダムを渡る橋を登っているとまた後ろからSば先生、

いや、本当になんか面白い、こんな事あるんだ(笑)

お互い眼を合わせて笑う、、

ここではお約束でSば先生が先行、トンネルを抜ける。

トンネルを抜けてすぐ右折で激坂が待ち構える。

ここは事前に動画を見ていたので折り込み済み、

痙攣しながらも渾身のダンシングで何とかクリア

あとは川上関門を越えれば足切りの恐怖からは解放される事になる。

ピークを超えてのダウンヒル、ここは踏み込めない分、極力ノーブレーキで突っ込む。

二車線使えてブラインドでも無いので安心して位置エネルギーを速度に変換させる。

同時に脚の休息を図る。

脱水も疑い、ボトルに残っているだけの水を補給、空になる、、、

川上関門を約50分のマージンを持って無事通過、

これで正真正銘足切りからは解放。

ただし、本当の地獄はここからだった。

関門を過ぎて後ろから来るほどよい集団に気合いで乗って40キロ巡航。

このままゴールに逃げ切りたかったけど甘かった。

自分にとってのラスボスはイオン坂だった。

101Km地点、ここで再び両脚ピッキーン再発。

恐れていた登りでの両脚痙攣、しかも激痛。

内転筋まで攣る有り様、、

たまらず視界に入った電柱に寄りかかる、屈辱の途中停車。

ペダルはそのまま、外せない、、

再スタート切ろうとすると直ぐに痙攣再発、激痛、脚が動かない。

思わず声が出る、、

気合いではどうにもならない事態、、

ゴールが出来なくなるのではないかという恐怖、、

最終関門をクリアしてDNFなんて選択は有り得ない、、

痙攣発作が治まるまでとにかく我慢、、

だいぶ停車していた気がしたけどログで見ると僅かに1分程度。

両脚ピクピクさせながら騙し騙しクランクを回す。

左を踏み込んで右足の膝が上がる、ここで右足に痙攣が起きると失敗

2、3回のトライで再スタートに成功。

(エンジンかよ?w)

この間、何人に抜かれたんだろう、、、

もういいや、とにかく完走、その一心だった。

路肩にある距離表示、

Km、長い、、

500m、200m、ゴールゲートが見えて来た。

沿道からの頑張れの声援、力になる。

100m、50m、20m、ゴールゲートを通過!

単独での寂しいゴールとなった。

気が緩んだのかゴールゲートを潜ってすぐに両脚痙攣再発、

しかも強烈なウェーブ、、

ゴールから本来左折してレース終了なのだが再び路肩に崩れる。

暫く両脚痙攣の痛さに悶絶、、

救護スタッフはいないのか?と見渡すくらい追い込まれてた。

救護スタッフどころか関係者が誰もいない、マジ??

だんだんと目の前が暗くなる、やばい脱水に貧血か?

すると沿道の紳士が声を掛けてくれて冷水を2杯(一杯じゃないところが神)

持ってきてくれた。

それを飲み干し我慢していると痙攣のピークはおさまった。

紳士には御礼を申し上げ徒歩で左折し、ミッションコンプリート。。。

水が無かったら意識飛んでたと思う。

スタッフの配置に問題ありじゃないか?

リザルトは3時間42分12秒 152位、平均速度は29.0Km/hだった。

シークワーサードリンクが身に染みて泣きそうだった(笑)

Img_5420_2

レース後には行徳のK泉さんともご挨拶が出来て良かった。

もちろんSば先生とも。

このお二方には心理的にも助けられました。

抜きつ抜かれつを繰り返した戦友、Sば先生と

Img_5429

写真は前後するけど参戦したHi-Bike仲間と

Img_5423

一旦シャワーを浴びにホテルまで自走。

何気にこの自走もかなりヤバかった。

痙攣ではなくサドルによる激痛、SMPが突然合わなくなったみたい。

それにK藤先生、鬼引きするんだもん、、、

その後再び会場入りして大会本部の振る舞い酒(オリオンビールや泡盛)やおでん、豚汁に舌鼓を打って

レースの疲れを癒す。

Img_5431

H田先生はじめ愛和チームの皆さんには大変お世話になりました。

過酷ながら充実した一日が終わった

Img_5448

【考察】

なんでこんなに脚がボロボロになったのだろうか?

補給も給水もほぼ計画通りだったのだけど、、

ログを見て判明、前半は完全なオーバーペースだった。

60キロまでの展開で3分以上のパワープロファイルがほぼベスト、

普段のライドでは有り得ない記録の上書きが起こってた。

でもこのペースを知っていても緩められなかったと思う。

あのペースで走らないとレースにもならない、

恐るべしツール・ド・おきなわ

20161116_230453

省エネで走らなきゃと思って流石にアタックやスプリント的な動きは抑えてたけど

結局地味に脚を使っていた様子。

これがレースの怖さ、だって全然辛くないんだから。

アドレナリンが尽きた時、脚も尽きるということか、、、

付け焼き刃の脚だとこうなると反省、、

たらればの話だけど両脚痙攣が無ければもう少し上に行けた筈、、

それを証拠に60キロから先は心肺的にはそれほど追い込まれて居ない

(まぁ痙攣で相当追い込まれてた訳ですが、、)

その一方、60キロまではほぼベストのパフォーマンスであったことを考えると

来年は長距離への耐性をつけておく必要がありそう。

今年の優勝者は52歳、

まだまだ年齢は言い訳にはできない(笑)

来年は60キロまでのペースでも崩れずにゴールゲートを超える事を目標に

トレーニングを積んで再び参戦したいと思う。

狙うは目指せ3時間30分切り&二桁リザルト!

<レースデータ>

ツール・ド・おきなわ 100キロ Over40

エントリー者数:379

出走者数:338

完走者数:270

リザルト:152位

距離:106.9Km

RideTime:3:42:12

平均/最大速度:28.8/76.8km/h

平均/最大心拍:161/187bpm

平均ケイデンス:79rpm

NP:205w

TSS:270.6

<機材データ>

バイク:Willer IZOARD

フロントギア:53−39

リヤカセット:12−28

ホイール:REYNOLDS 46

タイヤ:ミシュランPro4TU

« 沖縄前の練習はすべて終了 | トップページ

イベント・レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396393/68457844

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・おきなわ2016 100Km Over40 初参戦!:

« 沖縄前の練習はすべて終了 | トップページ