« Zwift Jon's Mix Kai 再び | トップページ | 修行の小貝川平坦練・・・ »

2016年10月14日 (金)

心臓ドックに行ってきた

50の大台に乗るにあたり気になっていた心臓ドックに行ってきた。

毎年、心電図でB評価。
不完全右脚ブロックだのPQ延長だの素人にはさっぱり解らないコメントが並ぶ。
普段、追い込んだ運動をしてるだけに少々怖い。
心臓ドックを受けて白黒付けようじゃないの、、

Ws000506


実は検査自体は9月に受けて来た。今日は結果のヒアリング。

心臓ドックで検索するとピンからキリまで多種多様。
金額も3万円代から10万越えまで。
うーん、これは悩む。

外せないポイントとしたのはMRI画像で評価されること。
これで大分絞られるけど金額は嵩む。

そんな中、神田クリニックのライトコースはMRI画像と頸動脈の超音波診断
動脈硬化のテストと最低限の項目はクリアして5万円。
そして決め手は院長から検査結果の説明を直接受けれるという事。
検査結果だけ郵送しておしまいという所も有るけどやっぱりドクターから結果を聞きたいよね。

まずは動脈硬化のテスト
これは両手両足に血圧測定のバンドを巻いて心拍と同期を取って脈動の伝達速度や血圧を測定して血管が硬くなっていないか測定するもの。
動脈硬化が進んでいると血管が硬くなり、脈動の伝達が早くなるらしい。

で、測定の結果は・・・
baPWV:右1149、左1150
→実年齢相当と有るけどNetで調べる限り20代でもおかしくない?
ABI:右1.1、左1.05
→これも正常値
今後10年における脳心血管疾患の発症確率1.7%
ほぼリスクなし

Img_5181


そしてメインのMRI画像測定
実はこれが一番大変だった。
MRIは過去何度か入っているので心配して無かったけど心臓は動く臓器
これをブレずに撮影する為のお作法が大変。

時間にして30分くらい、検査技師さんの指示による呼吸が必要。
勝手に呼吸のリズムを外すと画像に乱れが生じるらしい。
眠るわけにも行かず息苦しいしで結構辛かった。
そんな苦労をして得られた画像が冒頭の絵とこれ

Ws000507_2

環状動脈がしっかりと浮かび上がってる。
初めて目にする自分の心臓とのご対面、なんか感動!

ドクターに説明を頂き、冠状動脈も綺麗だし、血液吐出の動きも問題なし。
極めて元気な心臓で突然死のリスクは所見からは無いですとお墨付き。
お土産に診断結果と画像DVDを頂いた。

これで安心して追い込むことが出来るね(笑)

« Zwift Jon's Mix Kai 再び | トップページ | 修行の小貝川平坦練・・・ »

体調管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396393/67952913

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓ドックに行ってきた:

« Zwift Jon's Mix Kai 再び | トップページ | 修行の小貝川平坦練・・・ »