« 弱点・・・ | トップページ | つくば周回(岩瀬)練は超豪華メンバーにつき、、、 »

2016年10月22日 (土)

仮想ツール・ド・おきなわクライム練

ツール・ド・おきなわまであと3週間

いよいよ現実感を伴い迫って来た。
ここでツール・ド・おきなわのコースプロフィールを復習してみる。

Tdo_climb

この数字をつけた登りはケアしなければいけないクライムポイント
それぞれ名前が付いている。

❶:奥の登り
     4Km、獲得標高186m、平均勾配4.6%
     100キロの部はスタートして直ぐにこの坂に突入する事になる。
     体のアップが不十分だといきなりピンチという事もあり得る。
❷:普久川ダムの登り
     7.2Km、獲得標高325m、平均勾配4%
     平均勾配こそ緩いけどツール・ド・おきなわ最大の難所、、
❸学校坂
     7.2Km、獲得標高230m、平均勾配3.2%
     普久川ダムのダウンヒルが終わるとほぼ同時に登り返す。
     途中にフラット区間があり、2段坂の様相。
     平均勾配はまやかしである事に注意必要(実質7%超?)
❹有銘(ありめ)の登り
     1.4Km、獲得標高100m、平均勾配7%
❺羽地ダムの登り
    1.6Km、獲得標高110m、平均勾配6.5%
    この5つの登りを越えた先に足切りの最終関門が控えている。
    果たして越えることが出来るのか・・・

今日は仮想おきなわClimbという事でソロで筑波山に向かった。
仮想奥の登りとして湯袋峠(真壁側)、
仮想普久川ダムの登りとしてゆりの里から風返し峠まで
それぞれパワーメータを見ながら最後まで垂れないペースで登る。

仮想奥の登り(湯袋峠)

20161022_173542

ここはFTP+αとして平均パワー274wで登りタイムは11分7秒。
Stravaの年代別で3/38位にランキングされたぞ?!
※体重別では18/89位、まぁそんなもんかと。。。

仮想普久川ダム(ゆりの郷〜風返し)

20161022_200501

普久川ダムに比べて距離は1Km短く獲得標高は高め、
ただし、普久川ダムも一定で登るわけではないので斜度が緩いわけでは無いだろう。
ここはほぼFTPで登ってみた。
平均253w、後半もう少し上げようと思ったけど上げられなかった。
Stravaの結果は年齢別で7/74位、体重別では18/129位

風返しまで登ればやっぱりつつじヶ丘まで。
1.7Kmと短距離なので300Wを目指すが脚が無く撃沈。
しかも観光シーズンか駐車場渋滞で追い込みも出来ずだった。

Stravaの結果からすれば多少無理すれば集団について行けるだろうか、、
ポイントは登坂中に現れる緩斜面や平地、、
ここで心拍を押さえられる余裕のある展開なのか、更に追い込まないと行けない展開なのかでかなり変わる。
登坂中の緩斜面の対処がどうも苦手だ。

下りもレースを意識して少し攻め気味に。
ところがツーリングバイクの集団と重なり速度が伸びず、、
でもいい感触で下れてるから本番では両車線をフルに使えるし武器にはなりそう。
お願いだから雨降らないでね、攻めれなくなるから、、

今回分析した主要な登りの獲得標高を加算しても951mにしかならない。
100キロコースの獲得標高は1930m
いかに名もないアップダウンが多いのか改めて思い知る。
恐るべしツール・ド・おきなわ、、、

« 弱点・・・ | トップページ | つくば周回(岩瀬)練は超豪華メンバーにつき、、、 »

トレーニング・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396393/68068444

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想ツール・ド・おきなわクライム練:

« 弱点・・・ | トップページ | つくば周回(岩瀬)練は超豪華メンバーにつき、、、 »