« 筑波春の八耐2015 | トップページ | ツール・ド・おきなわ参戦に向けて »

2015年10月10日 (土)

遂にてっぺん! つくば秋の八耐参戦記

毎年、秋はチームDomatesから八耐にエントリー。
過去3回、2位や3位はあるものの1位には届かなかった。
今回、初めて念願叶っての1位をGet!
クラス別ながら初めて表彰台のてっぺんに立つ事が出来た。

Dsc09564

去年と同様、P6という6人カテゴリーでのエントリー。
今回、レジェンド!?となったメンバーは
安定のスタート職人 w田さん
岩瀬周回練の戦友  M岡さん
元祖鬼引き師匠   K子さん
現役最速教授    Hamaさん
ちょい悪最速おやぢ ヨッチ
不安定なクローザ  ちぎれ雲
以上6名の布陣で臨んだ。

便宜上チーム責任者という事でチームオーダを組む。
6人でライダー交代枠15回を回すとなると
出番が2回と3回の人が出てくる。
よって、役割によって周回数を割り当て、
ほぼ均等になるように設定。
私はアンカーを務めることに。

今回は各ラップの記録を取ることにした。
これ、何気にプレッシャーが掛かる。
手を抜くとスグにバレる、、
その役割に抜擢したのは我が息子(笑)

秋の8耐は日暮れが早いので9時スタート。
スタートは安定のスタータ職人W田さんに託す
ルマン方式で一斉にスタート、
一周目のラップこそ2:50秒をマーク
しかしその後は3:00前後で推移
いつもと比べてスタートの集団としては比較的穏やかな展開
W田さんとしては悶々としているのではないだろうか、、、

<スタートを待つW田さん>

Dsc09527

ところがこのペースが中盤以降も継続する事になる。
普段の8耐では中盤は多少ダレる事が多いものの今回は終始
3:00前後で推移、各メンバーの自脚が問われる展開だ。

スタートから二時間ほどのところで途中経過を確認。
するとカテゴリー1位!
二位以下とは1ラップ抜けている状況。
こうなると期待と不安が入り混じり8耐特有の緊張感に包まれる。
<モニターに示される1位に期待と不安>

Img_2721

タイムテーブル上のオーダーでは3:15で設定、
ところが刻みんな期待を上回るラップで激走、
だいたいが3:00〜3:15の枠に入る好ラップ。

そんな中、ピット交代で痛恨のミス
W田さんが戻ってきたところにM岡さんが居ない!!
慌てて出走、30秒程のロス
幸い出てすぐに3分そこそこの集団に合流して事なきを得る。

<Hi-Bike9チームを取り仕切る総監督K村さん>

Dsc09529_3

各メンバーに余裕はない。
だれもこのペースはきついし楽になりたい、、、
でも最初に自分が緊張の糸を切りたくない、、、
こんな思いがチームの背中を押している。

アンカーという事で僕の出番は午後から
こんな緊張感漂う中で出走一回目、コンディションが気になる
いきなり緊張の糸を切ってしまうかも、、、
ただ今回は息子の前で走る初めてのレース、
だらしない姿は見せられないのだw

ヨッチからタグを受けてコースへ
すると丁度よい集団が後ろから流れてきたので飛び乗る。
これもなかなかの集団で3:00前後でラップを刻む。
いやいや、チョット早すぎでしょ、なんで2分台がでるの、、
でもこれはリードを稼ぐチャンス、集団キープで行けるとこまで、、、
という事でオーダの10周のところ12周で少し貯金をして
1回目のお役目終了。
正直この集団、春、夏のコンディションだったら
千切れてたと思う(汗)

<レース中盤でこのペースは速い展開>

20151017_140305

ピットに戻り息子からラップタイムの報告を受ける。
幸いお咎めを受けずに済んだ(笑)

8耐も終盤、ゴールまで残り二時間
改めて順位を確認すると先ほどと変わらずクラス1位のまま。
2位以下とは相変わらずラップ差1、なんとも不気味。
ライダー交代と集団のタイミングによっては簡単にひっくり返る。
アンカー役としては非常によろしくない展開・・・orz

2位との差を考慮しながらライダー交代の最終調整のフェーズ。
アンカー出走前に改めて順位を本部モニターで確認、、、
するとタイミングによってはラップ差消滅、、
同ラップに並んでいるじゃないですか、、、

<終盤、同ラップに並ばれる>

Img_2730_2

これは半周遅れ程度に迫られている証拠、、、
息子から「これで負けたらお父さんのせいだよ」とか、、、
おいおい頼むからプレッシャーかけるなよ、、、
よほど父ちゃんの走りが心配なのだろう、脚をマッサージしてくれた。
これ、何気に効果あったよ!(笑)

アンカーは16:30分前に交代しないとピットクローズとなる、
しかし、早めに交代するとスタミナのリスクが増す

今回、Hamaさん、K子さん、ヨッチがノルマをプラスして
周回してくれたお陰でピットクローズギリギリの16時28分に出走、
たぶんアンカーとして出走は残り2,3人しか居なかったと思う。
ナイスアシストに感謝!

このがんばりが幸いして生きの良い集団にすぐに乗ることが出来た。
2位のゼッケン番号を頭に入れてチェックしながら走る。
あのタイミングで半周差、ライダー交代いれたら同じ集団か先を走って
いてもおかしくない。

アンカーとして自分に出来る事は後ろから来た早い列車には
問答無用で飛び乗るだけ。
もうスタートしてから7時間30分も過ぎているのに相変わらず
3分前後でラップを刻む。
途中、Hi-Bike3名位で率いる高速トレインが来たので速攻乗車、
これが普段の小貝川なら千切れるレベル

でも今は集団&アドレナリン?のお蔭でなんだろうか?
疲労感も無くずっと走り続けられるような感覚、これがフロー状態かも・・
やっぱりこの集団の緊張と興奮は堪らない。

Hi-Bike列車がいい感じに集団ブリッジを掛ける
自分が1位なのか2位なのか無線も無いのでまったく不明、、、
正直、1位の立場でのアンカーも初、プレッシャーは半端ない、、、
とにかくブリッジを掛けてくれてるこの集団は有難い、食らいつくだけ。

愛和ピット前では後ろ50mとか1分とか、、、
応援とヤジ?!が同時に聞こえる(笑)

ブリッジを掛けた先の集団にチェリージャパンのジャージを発見、
女性選手かと思ったら松吉監督!
こんな貴重な機会もないので「残り3周くらいでしょうかね?」等とお声掛け
監督も楽しそうに走ってました。

その後、再び集団が活性化して極力前へ。
するとそこではご近所連合ドラグーンの若手ホープのK原くんを発見
この集団に残る脚があるとはかなり練習した様子

サイコンの時間を見ると16:58分、時間的にあと2周か?
バイクが並走していないのでこの集団は先頭のいない裏集団。
多分、総合先頭は残り1周、

ということは次のゴールゲートではグリーンフラッグが振られる筈、
時間的には17:00直前なのでゴールかもしれないと
勘違いしたライダーが思いの外多くスプリントを仕掛ける
いやいや、違うから、、、と思うものの中切れになるのも嫌なので
最小限の出力増加でしぶしぶ付いていく(笑)

案の定振られているのは残り一周を意味するグリーンフラッグ
ほーらね、、
「あれ、あと一周かよ!!」などの声多数 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ただしこれで最終周回と集団が認識したのでこれまた激しくペースアップ。
ここまでくれは無酸素借金も怖くない、、
いや、むしろ出し切ってなんぼの世界、、
集団前方に位置してとにかく2位のゼッケンだけを探しつつポジションキープ。
第一ヘアピン、ダンロップ坂、第二ヘアピンを越えてバックストレート。
いつスプリントが掛かるかを意識しつつ、前方のルートを確保する為
コース右側に展開、、、

最終コーナに入ると同時に二、三人のギアを掛ける音が響く、
これをきっかけに一斉にスプリント開始
僕もギアを掛けて全力アタック!
2位に刺されても悔いが残らないように全ての力をペダルに込める。
最後は微妙に垂れながらチェッカーフラッグ、、

勝ったのか負けたのか、、
無線も無いので結果はお預けのままウイニングラン
ピットに戻るとメンバーが歓喜を持って迎え入れてくれた。
この瞬間、やっと1位でゴールした事を知った。

Img_2747

一緒に戦ったメンバーとハイタッチ!
「お父さん、クラス1位だよ!」と息子も笑顔で迎えてくれた。
ふぅ、、恥をかかずに済んだよ〜〜

Img_2733

また、チームDomatesとしても初の栄冠を獲得する事に成功
いや、良かったー!!
メンバー6人の脚が揃っていた結果だと思う。
ホントにみんな強かったよ。
<レース終了後レジェンド監督、チェリージャパン選手と>

Img_2749_2

今年のシーズン前半は練習不足&体調不良でコンディションは最悪
一旦下がった体力はなかなか戻らず、
富士HCも初めて90分をOverしてしまうなど
このまま沈下していくのか?と不安にもなった。
この頃は表彰台のてっぺんに登るなんて想像出来なかったな、、、

それでも毎週末の練習を欠かさない事で徐々に体力も回復、
何とか再び好調域まで持ってこれた。
そんな底を味わったシーズンに自転車人生、
一度はてっぺんに登りたいという念願が叶って嬉しい。

今年の冬は冬眠しない事を誓います(笑)
そして、来年こそベストシーズンにするのだ!!

« 筑波春の八耐2015 | トップページ | ツール・ド・おきなわ参戦に向けて »

TeamDOMATES」カテゴリの記事

コメント

1位おめでとうございます~!
相変わらず臨場感のある文章で、思い出しながら楽しめました。
良かったですね。

ところで、私たちドラグーンも過去最高の周回数144周で大盛り上がりでした。
記事の中のモニター掲示板、順位8位(ゼッケン47)は私たちですよ~。
地道に続けて、やっとここまで来た感じです。

次はやっぱり念願の入賞したいです!

Kとうさん、コメントありがとうございます!

ドラグーンも大躍進ですね。
来年はうかうかしてられないかも、、

またライドしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396393/62088062

この記事へのトラックバック一覧です: 遂にてっぺん! つくば秋の八耐参戦記:

« 筑波春の八耐2015 | トップページ | ツール・ド・おきなわ参戦に向けて »