« TOKYOエンデューロ 2010 Spring Edition | トップページ | エコ・クラ4時間ソロは不完全燃焼・・・orz »

2010年3月20日 (土)

金メダリストとちぎれ雲

今日はHi-Bikeライドに参加。
その中には2009 UCIパラサイクリング世界選手権1kmTTの金メダリスト
藤田選手も合流。
これは楽しみ、でも辛口ライドの予感。。。

Dsc00062

8時にHi-Bikeに集合。
参加メンバーはナカムラ店長、ツッカー、Oデラさん、キドさん、Hamaさん、爺様、S根さん、カニさんも登場。
総勢10名の大所帯。

コースは小貝川~筑波休憩所~不動峠のオプション付き(汗)

まずはツッカーによるウォーミングアップペースで筑波市街地を抜ける。
小貝川に入ったら最後、高速巡航間違い無しなのでケイデンスを上げて準備を整える。

福岡堰に到着する少し前にツッカー、Hamaさんの牽制し合いでなぜかペースアップ。
その煽りでカニさんが行方不明(笑)
暫く待つも来ないので小貝川を下妻方面へ走り出す。

予報では風が強まるとの事だったが、それほどの風ではない。
藤田選手の走りはやはりアルカンシェルの風格。
驚く程、低いフォルムで肩甲骨周りはびくりとも動かず。
体幹がしっかりしているのだろう。
体が硬く上体が起き気味の僕とは大違い(そりゃそうだ!)

そんな中、苦手な平地高速巡航が始まる。
よりによってHamaさんの後ろに付いてしまった。
これはヤバい。
案の定、40キロ巡航でHama引きに付いて行くので一杯一杯。
ここで先頭交代の合図。
無理しなきゃいいのにペースを維持しようと必死。
結局、このあと集団最後尾につくも心肺回復せずにちぎれ雲。

その少し後でS根さんも離脱したのが見えたがもう追う気なし
マイペースでふれあい公園まで向かう。
いつの間にかカニさん合流。
流石、土地勘がありますね~。

Dsc00064

今日は非常にあったかで、ウインドブレイカーなど暑くて着ていられない程。
Hamaさんは早速生脚だしてるし。。。

季節はすっかり春、菜の花が綺麗。

Dsc00067

この先も再び高速巡航練となる。
それでも距離があまり無いと判っているので出し切る覚悟で走りきる。
いや、あと1分続いていたらヤバかった。。。
この区間、6分間で260W。
対して千切れたときは240Wも行ってない。
先が見えない事による気持ちの問題だ・・・orz

天気は晴のはずだけどイマイチすっきりしない。
どうも黄砂の影響のようだ。

Dsc00068

この辺からブルベで痛めた左脹脛に痛みを感じるイヤーな予感。
つくば休憩所で一休み。
その時間を利用して3mm程サドルを上げてみる。
ここでO澤少年も合流。

そして不動峠へ。
途中、キドスプリントポイントでキドさんが期待に応えてスプリント。
僕もすぐに後を追う。
Hamaさんも反応。
すぐにHamaさんにかわされ終了。
この時のMAXで834W。

やばい、結構な痛みになってきた。
不動、どうしようか悩むも折角なので登ることに(笑)
S根さんはここで時間切れとの事でお別れ。
藤田選手は不動は初めて登るとの事。

不動は今年2回目。
それでもTT的な走りは回避。
シッティング縛りでOデラさんと話しながら淡々と登る。
藤田選手、ツッカー、爺様、O澤少年は先を行く。
最後の10%、ダンシングしたくなる衝動を抑えて上りきる。

みんなが登頂完了するまで暫しの休憩。
最後はあれれ、、のキドさん。
なんでもサドルが緩んでポジションが出なかった模様(笑)

不動を下山。
これで体と脚がすっかり冷える。
勢い痛みが増してくる。

スピードを乗せるようなトルクをかけるペダリングをするとビクビクと痛む。
それでも回して体の血の巡りがいいと痛みも緩和される。
だから逆に必死に列車について行く。

最後の3段の坂。
仕掛けたのは期待に応えてまたキドさん。
よせばいいのに僕も反応。
先頭を取るも1段坂で終了(笑)
ここが今日のMAX878W。

その後はズブズブに抜かれてなんとか無事にHi-Bikeへ帰還。

帰還後も藤田選手と談笑。
気さくな方で好印象。
次回もご一緒したいですね。
いい刺激を頂きました。

ああ、それにしても脹脛が痛い。
今はバンテリンべた塗り&シップ薬のダブル攻撃中。
チョッとクリートを見直してみる必要アリかも。

<本日の走行データ>
Distance:75.53km
Speed:AV26.8km/MAX52.3km
RideTime:2:49:16
HateRate(BPM)AV/MAX:145:184
Power(W) AV/MAX:170/878
AV Cd:83.2rpm
Elevation:403.7m
Cal:1930Kcal
TSS:562.7

« TOKYOエンデューロ 2010 Spring Edition | トップページ | エコ・クラ4時間ソロは不完全燃焼・・・orz »

グループ走行」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
藤田選手さすがですねぇ。なかなかあんなエアロポジションはとれませんが、いい目標になりますね。
脛の外側の筋肉は前脛骨筋で足首の動きと連動しているので、少し踵が上下している(アンクリング)かもしれませんね。踵を上げ気味で固定してやるといいかも、です。

>Hamaさん
ほんと、あのフォームは憧れますね。
僕の場合、柔軟性をあげないとどうにもならないですが・・・orz
脹脛は今日になって大夫回復してきました。
Hamaさんの言うようにアンクリングもあるかもですね。
クリートも少しつま先開き気味に修正してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金メダリストとちぎれ雲:

« TOKYOエンデューロ 2010 Spring Edition | トップページ | エコ・クラ4時間ソロは不完全燃焼・・・orz »